top of page

​経験豊富な院長が執刀

​日帰り手術です

​当院では経験豊富な院長が白内障手術をはじめ、硝子体手術、緑内障手術、翼状片手術、眼瞼下垂手術等を行っています。

手術は完全予約制です。(手術前後は通院が必要になります)

手術はすべて院長が執刀します。

今まで30000件以上執刀経験が​あります。

日帰りで手術を行いますので、手術日当日は約1時間から1時間半でお帰りいただけます。​

ご自宅でゆっくりお休みいただけます。

入院と比べご費用の負担が少なくてすみます。

:​白内障手術料金 (片眼:目安)

  健康保険適応の単焦点眼内レンズ使用の場合

                              1割負担の方 約17,000円

                              2割負担の方 約18,000円

                             3割負担の方 約50,000円

​バリアフリーです

院内はバリアフリーのため、車椅子やお体が不自由な方も安心して手術を受けることができます。

​滅菌器械を新たに導入

​出血はわずかです

小切開手術のため、出血はほとんどありません。血液をさらさらにするお薬(抗凝固薬)を内服したままで手術を受けることができます。

また、目薬による麻酔のため注射はしません。痛みが少ないようにつとめています。

手術器具を適切に滅菌することは必要不可欠です。

最も厳しいヨーロッパ規格に対応した滅菌器械を2022年4月に新たに導入しました。

20220421_124822.jpg

​新型コロナウィルス対策

当院では手術時も安心して手術を受けていただけるよう、​コロナウィルス対策を行っております。

手術待機室は、個室をご用意しております。

スタッフの手洗いの励行やマスク、ガウンの着用は必須にし、感染予防につとめております。

患者様にはマスクを着用しながら手術を受けていただきます。

​ご不明な点などがありましたら、お問い合わせください。

​白内障の手術器械は最新の低侵襲の手術器械を導入しています。

眼灌流圧センサー付ハンドピースを用いることで、これまで以上、より眼に負担の少ない安全な手術がおこなえます。・

​次世代の白内障器械を使用

​多焦点眼内レンズ 厚生労働省届出施設
(選定療養届出施設)

当院は多焦点眼内レンズの白内障手術を行う施設として厚生労働省に届出をしています。

白内障手術、単焦点眼内レンズ、多焦点眼内レンズについてはこちらをご覧ください。

20221111_101738.jpg

患者様向け わかる白内障ムービー 

日本アルコン株式会社提供

​白内障と診断されたら(動画約8分)

​DVD;エイエムオー・ジャパン株式会社提供

多焦点眼内レンズ見え方の例

3焦点レンズ.png
bottom of page